2018年7月30日月曜日

ミセスは未定(仮)。その29。


事前に打ち合わせでもしたんですかってくらい、絶妙な連携プレーでした。

2018年7月27日金曜日

ミセスは未定(仮)。その28。


人の視線は、こんなに怖いものなのかと思い知らされました。

2018年7月23日月曜日

ミセスは未定(仮)。その27。


私の言動を、力でねじ伏せるような彼氏と一緒にいるくらいなら、一生孤独のオタク道を極めよう。

2018年7月20日金曜日

ミセスは未定(仮)。その26。


いくら私が、殿方にナチュラルに下に見られたい願望があるとはいえ、こんなハードなスキンシップは求めてません。
 

2018年7月17日火曜日

ミセスは未定(仮)。その25。


「お別れしないと幸せになれないよ」と妹に言われた言葉を、噛みしめました。

2018年7月12日木曜日

2018年7月9日月曜日

ミセスは未定(仮)。その23。


最後の思い出が、”手を振り上げられたこと”になるのは、絶対に嫌。

2018年7月6日金曜日

ミセスは未定(仮)。その22。


まさか、あんなに大好きで頼もしさを感じていた谷崎さんの雄々しい後ろ姿に、苦しさで抉られる日が来るなんて。

2018年7月3日火曜日

ミセスは未定(仮)。その21。


6月9日の午後、私は谷崎家という法廷に出廷致しました。