2018年5月4日金曜日

ミセスは未定(仮)。その9。


明後日、谷崎さんにお会いする予定です。

谷崎さんとお電話でお話しをした以降、音信不通だったラインを再開し、それなりにやりとりをしています。メッセージは一切シリアスムードではなく、最近話題になっている飲食店や、職場の話など、至って普通の他愛のない話題。しかし、新たなステージにジャストドゥイットしなければならないと気持ちを固めつつある私は、どういう姿勢でこの平穏な話題と接すればいいのかわからず、それがとても心苦しく、痛かったです。

新興宗教の良さをわかろうとせず、ただ流れてきた騒音を聞いただけで、新興宗教は闇だと決めつける私は、愚かなのかもしれません。ましてや、全てではありませんが、谷崎さんの人柄を理解していた上で交際していたのもかかわらず、谷崎一家が新興宗教の一員だと知った瞬間から、歪曲した思考や視点で、谷崎さんを見てしまう私は、本当にどす黒いと思います。

「本当に彼のことが好きで結婚したいのなら、宗教なんて関係ないじゃん。ふみよ、本当に彼のことが好きなの?本気で結婚したくないの?」

私が婚活を決意するきっかけを作った張本人、まさかの裏切りで結婚した親友からは、そう言われました。

既婚者である裏切りの親友からの言葉は重みがあり、私の中にずしりと来るものがありました。ここ数日はたった一言の親友の言葉で、一喜一憂しているといっても過言ではない程、私の中枢にこの言葉は刺さりました。

もしかしたら私の決意は、間違っているのかもしれません。私は私の決意で、自身の首を絞め、一生悔やみ、燻り続けながら生きることになるかもしれません。

でも、今後のことは見当もつきませんが、私の決意は、私の人生は、ミセスのロードから外れても、家族を守ることはできるかもしれません。

ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

  

0 件のコメント: