2017年6月30日金曜日

腐がバレた日。その19。


超ドッキドキラブレッスン…

「やっぱり、やめましょうか…?」
「いや!大丈夫!観よう!」
「…」
「ほんっと!!マジで大丈夫だから!!」
「では、DVD入れますね…」

上記のやりとりを何度か繰り広げた後、私は意を決してDVDを挿入しました。その瞬間、谷崎さんはビールをがぶ飲み。そしてカスタマイズピザに、かぶりついていました。ビールがぶ飲みとカスタマイズピザにかぶりつくことで、谷崎さんは言いようのない不安定な気持ちを、整えていらっしゃるようでした。

私に気を遣ってくださっているからか、谷崎さんは口では決意表明を示されていましたが、実際は目が泳いでいると言いますか、焦りと動揺で目の動きが不可解。失礼ながら、薬をキメてラリっている…といっても、おかしくない状態でした。「ふみよちゃんの好きなDVD、俺も観てみたいし。大丈夫、余裕っしょ」」と言いながらも、私の目を見て話さず、何故か壁に向かって話しかけている始末でした。

谷崎さんの容態がとにかく不憫で、申し訳ないと思いましたが、何度も私がDVDを躊躇しても、谷崎さんが「観よう」と言われるので、結局私は覚悟を決めて、彼氏の目の前で、自分の腐を、テレビ画面で大公開しました。本来であれば、おうちデートでDVD鑑賞タイムは、デートの王道で、これからはじまるであろう、アブナイ予感にShout! Go Yes!!的な美味しい状況。それが、一人は、大画面に映る正道から逸れた自身の腐に羞恥心を煽られ、誰か私を殺してくれよと叫びたい寸前で悶えていましたし、かたやもう一人は、観たくないけど観てみたい、観てみたいけど観たくない的な表情、でも怯えて両手を目で覆いながら、指と指の隙間から画面を覗き見る…そんなムードだったので、二人の間に、卑猥に燃える炎が降りてくることはありませんでした。

「結構かわいい絵柄なんだね…。いきなりグイグイ来るかと思ったけど…」

BL初心者向けビギナーDVDをセレクトしたので、初っ端からメンズのラブアフェアが飛び交うシーンはありません。それに安心したのか、谷崎さんは心置きなく、ビールとカスタマイズピザを、口に運んでいました。

「そういう作品もありますが、これは比較的マイルドなタイプですね」
「うん、少女漫画みたいだね。安心して観れ…うわ!(突然のアレなシーンで狼狽える)」
「…」
「わわわ…えっ…ちょ…え?いや…いきなりすぎ…」
「ごめんなさい…」
「俺こそごめん、自分から好きで観ようって言ったのに…」
「やっぱり…」
「いや、とりあずシーズン1は全部観よう」

谷崎さんは、狼狽え動揺、時には絶叫しながらも、決して諦めることなく、観続けてくださいました。この日はぶっ通しで6話を観ましたが、シーズン1は全12話。残りの6話は、後日観ることになりました。

ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

  

0 件のコメント: