2017年4月24日月曜日

そんなヒロシに泣かされて。照焼さん。その5。


あらゆる乙女ゲームの男性キャラを、一人残らず完落ちさせてきた実績があるので、「乙女ゲーム登場キャラ激似の照焼さんもいけんじゃね?」と思っていましたが…ダメでした。

照焼さんの辛辣さに消沈していた私は、コーヒとケーキに手をつけるタイミングを伺えず、終始心のブレイクタイムを確保できずにいました。手つかずのままのそれを見る暇もなく、私は引きつりそうな精神を律して、最近照焼さんがご購入されたという自己啓発本のお話を聞いておりましたが、照焼さんのお話は横文字が多く複雑でした。確か「インナースペース」、「イニシアチブ」、「カタルシス」、「スキーム」…こういった言葉が多発していた気がします。一体どういうお話だったのか…私には大変難解な時間でした。

「ところでふみよさんは、過去にどのような方とお付き合いされたのですか?」
「え!」
「初対面とはいえ婚活ですから。お互い把握すべきだと思います」
「あの…」
「何人の方とお付き合いされたのですか?」

丁寧な口調ながらも、照焼さんの遠慮がないグイグイ踏み込んでくる姿勢に、思わずたじろぎました。まさか初対面でディープな会話をするとは思っていなかったので、私は激しく動揺。絶対零度な笑顔を振りまく照焼さんは、「どうせ今まで交際したことないんだろ?」といった表情で、私に「ふみよさんがどのような方とお付き合いされてきたのか、気になりますね」とおっしゃいました。

まあ…御察しの通り、交際経験が皆無な私は、動揺するような現在過去未来を持ち合わせていません。ですので、一体何故自分が激しく動揺したのか意味不明なのですが…。とはいえ婚活中といえども、恋愛方面のジャンルは、初対面で披露し合うお話ではないと思います。実際相談所のマニュアルやアドバイザーの方に、「初対面で踏み込んだお話を聞くのはタブーです」と指導を受けておりましたので、照焼さんのルールを破る強気な姿勢には、困惑と言いますか、ひどく狼狽しました。

「ひとりです…」

嘘をついたことに罪悪感がありましたが…。結婚相談所から「ふみよさんのご年齢で、交際経験がないのは印象が良くありません。過去の交際人数はひとりということに致しましょう」 と指導を受けていたため、致し方ありませんでした。ヒヤヒヤしながらそう伝えると、照焼さんは「そうですか…随分少ないですね。きっとふみよさんは、誠実な方なのでしょう」と淡々とおっしゃいました。

「ちなみに私は…10名程でしょうか」
「おモテになられるのですね、すごいです」
「そんなことはありませんよ。しかし何故、もっと男性とお付き合いしようと思われなかったのですか?」
「え…」
「不思議でなりません」
「それは…ご縁がありませんでしたので…」
「そうですか。それは失礼しました(失笑混じりでした)」

…帰宅したら絶対、照焼さん激似の乙女ゲームキャラを、こっぴどくフってやろうと思いました。

ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

  

0 件のコメント: