2017年3月14日火曜日

変態三割増しかもしれない私。その8。


私の今日のパンツ、くまモンが描かれた綿100%の、よれよれパンツなんだけど…。

これってもしかして…そういうふわふわした感じの、アレ的なお誘いってこと…?

戦闘力が0以下を叩き出している、超年季が入ったパンツを着用している私は、自身の女子力の皆無さを悔やむ傍、初デートで、舞台を難易度及び密閉度も高いお家にシフトしようとする、谷崎さんの性を匂わすプランに震えました。爽やかを気取った表情の下で、アダルティーな考えを巡らせている谷崎さんの下心に…慄きましたね。それと同時に、常に二次元方面では、アダルティーな妄想ばかりを巡らせている身でありながら、ここぞという時に、思考も行動もマグロ化してしまう己のチキンっぷりに、心底辟易しました。

何もかもが上手い具合にフィットする、ゴムが伸びきってヨレたパンツは、長年積み上げてきた安定感、安心感があるため、私に安寧をもたらします。言わば私の、勝負パンツのようなものです。世間の乙女達が口を揃えて勝負下着と崇める、下着としての機能を全く果たさない面積小さめハレンチ100%の下着は、私にとっては勝負下着ではなく、お尻のガードを脅かす恐怖の下着でしかありません。ハンパない食い込みに、精神が擦り切れるため、時に生命の危機を感じる下着だと思います。

しかし…さすがに私でもわかります。いくら私の生死をプロテクトしてくれるくまモンパンツであろうと、今のこの状況には全くふさわしくないということを。谷崎さんのお宅に伺う道中でパンツ買う?でも勝負パンツって何買えばいいの?逆にドン引きされる下着買っちゃったらどうするの?どうすればいいの?勝負パンツって何??

「都合良くなかったっすか?」
「いえ…ご迷惑ではないですか?」
「全っ然っすよ。気なんて遣わなくて大丈夫っすから」
「ではご迷惑でなければ……」

下着に不安を抱えているにも関わらず、私は谷崎さんの申し出を受けてしまいました。ちなみに私の懸念は、何もパンツだけではありません。値段もデザインも全く可愛くない、機能性だけを重視したブラ、補正第一セクシーさとは無縁のガードル…などもです。

ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

  

0 件のコメント: