2017年1月8日日曜日

お母さんは心配症。谷崎さん その20。


2017年は、さよならミスふみよyearになるだろうと、スマートフォンの黒い画面に映る気持ちの悪い笑みを浮かべた己と向き合いながら、私は確信しました。

谷崎さんと正式にプライベートな連絡先を交換したのは、2度目の逢瀬から2日程経った日のことでした。

結婚相談所を通して、谷崎さんが「ふみよさんにまた是非お会いしたいです」という意向であることを知った瞬間、まず「2017年は確実に私の年になるな…クッ」と私はほくそ笑みましたね。そして、基本、一般的なデブはマイマヨネーズを常備しているところを、あえて私はマヨネーズではなくごま油を持ち歩き、「一味違うデブを演出してドヤ顔していた青春時代」に聴いていたミュージックで、2時間程踊り狂いました。

孤独のナイトクラブを開催して踊り狂ったとはいえ、それが嬉しさなのか、喜びなのか…自分でもよくわかりません。一応結婚へ、バージンロードへ、着々と近づいているんだという、微かに感じる成長の跡を噛み締める過程で踊ったという心境なのですが、普通に考えると、相当浮かれて調子に乗っている感じですよね。

こんなことを申すのは大変差し出がましいですが、谷崎さんは素敵な殿方だと思っております。が、ふとした時に「息子のデートに許可なく同伴決め込み、ケーキを食らうお母様」を思い出して、身震いする時もあります。また、谷崎さんから指名を受けたことで、とりあえず谷崎さんのプライベートへ潜入する機会を得られたわけですが、それがいつ地雷を踏んでゲームオーバーになるか予測不可能なので、今の所、気持ちの着地点がブレている状態です。

とは言えやはり、合コン参加時に、困惑気味の殿方から頂いた唯一の褒め言葉が「サザエさんの花沢さんみたいで…良いと思うよ…」のデブスな私が、こうして谷崎さんにご指名を頂けて、プライベートな連絡先を交換し合い、ぶっ飛びすぎない程度にラインスタンプを送り合っていることを考えると、きゅるるんし過ぎて胸が焦げそうになりました。

こうして谷崎さんとラインを重ねた結果、3度目の逢瀬を取り付けることに成功しました。

ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

  

0 件のコメント: