2017年12月12日火曜日

それはちょっと困ります。その25。


…。

谷崎シスターと同じで、私も兄を持つ妹の立場です。が、私は過去に一度も兄の彼女に、「兄を見捨てないでください」という、ダメな兄を嫌いにならないでください的な言葉を、言ったことはありません。

というか、言おうと思ったこともありません。そもそも兄が独身だった頃、兄に彼女の話をほとんど聞いたこともありませんし、常に兄には、「お前が妹だって知られるの恥ずかしいから他人のふりしろよ」と言われていたので、仮に私が「私のことはキモイと思っても、兄のことは嫌いにならないで」なんて兄の彼女に言ったら、死しかありません。

だから私は、谷崎シスターのことを、本気ですごいなと思いました。そのすごいなの気持ちは二種類ありまして、一つは同じ妹の立場として、兄を想う気持ちがすごいなという尊敬。もう一つは、兄の彼女に突撃して思いの丈をぶつける度胸がすごいな…という微妙な気持ち。

谷崎シスターに「兄のことを見捨てないでください」と言われ、私は返答に詰まってしまいました。もう何と言えばいいのか。頭の中で言葉を探そうとしましたが、探そうとすればする程頭が忙しくなってしまい、声が出ませんでした。

「こんなこと言うべきじゃないのはわかってるんですけど、つい…」
「…」
「ふみよさん…もしかして、兄と別れようと思ってるんですか?」
「そ…そんなことは…!」
「え!本当ですか?別れない?」
「ええ…」
「よかったー!!!とりあえず兄には謝るようきつく言っておくんで!」
「はい…」
「これからも兄のことよろしくお願いしますね!!!」

私に別れの意思がないとわかった途端、谷崎シスターの声は急に生気を取り戻したように、ハリが出てきました。そして電話を切る直前に、こう私に言ってきました。

「気が早いけど…早くお義姉さんになってくれると嬉しいです」

ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

  

0 件のコメント: