2017年7月12日水曜日

ラブファンタジーは苦難。その1。


「ふみよちゃん、温泉行かない?」

今年5月の連休のお話ですが、お付き合い頂けますと幸いです。

「連休に1泊くらい温泉に行けたらいいなと思うんだけど…連休中の仕事の予定はどう?」

谷崎さんから魅惑満載の提案を受けたのは、今年の4月半ば頃。世間は大型連休を間近に控え、浮き足立っているという時期のことです。この時、私と谷崎さんはお電話で、二郎インスパイア系ラーメンについて、脂っこい雑談をしていました。お電話をしながら私は、自宅で仕事終わりのビール、そしてデパ地下で購入したいい感じのソーセージで、よろしくやっていたのですが、ふと谷崎さんから結構マジなトーンで、「一緒に温泉行かない?」と一言。さり気ない口調ではない、至極真面目な声色で、谷崎さんは私の乙女心に、矢を射ってきました。

「温泉…ですか?」
「うん、温泉好き?ゆっくりできたらいいなと思って」

突然、でした。このデブス歴36年の私にも突然、「二人の距離をぐっと縮め、素肌で感じるJUST IN LOVE的な温泉デート」のお誘いが舞い降りたわけです。 本当に、突然でした。まあ、あの小田和正氏も、ラブストーリーは突然にとおっしゃっていますから、突然のお誘いは当然なのかもしれません。しかしまさかこんなに突然、素肌の狩人が目覚める展開のデートを、私が受けて立っても宜しいのでしょうか…。先走るアダルティーな妄想に対応できず、目の前がぐにゃりと歪曲し、私は目眩がしました。

とは言え、未婚アラフォー看護師にとって、世間がこぞって休日となる大型連休は、休日ではありません。既婚者の看護師達が一斉に休む大型連休、そして年末年始こそ、独女看護師達が最も必要とされる時。当然私は、世間の大型連休に乗っかれるはずもなく、淡々と職務をこなす日々になります。

その事をお伝えするや否や、驚く程谷崎さんのテンションが、一気にガタ落ちしました。しかしすぐに、「世間の連休が終わったら、ふみよちゃん連休になるんだよね?」「はい」のやりとりで、谷崎さんは浮上。私が連休を頂く時期は、既に谷崎さんは連休が終了していますが、金土日で予定を調整する方向になりました。

こうして私は、「二人の距離をぐっと縮め、素肌で感じるJUST IN LOVE的な温泉デート」を、することになりました。

ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

  

0 件のコメント: