2017年4月17日月曜日

そんなヒロシに泣かされて。照焼さん。その3。


照焼さんはヒロシだから、きっと得意なエイトビートのダンスを披露してくださるだろうと、焦がれていました。

照焼さんとは、終始和やかで穏やかな面談時間を過ごせるだろうと、感じておりました。またそれでいて、華麗なエイトビートのダンスで私を更に魅了してくださるだろうと、確信しておりました。

しかしそんな私の淡いときめきは、謎の振動によって一瞬で砕け散りました。ヒロシはヒロシでも、照焼ヒロシさんが得意なのは、エイトビートの貧乏ゆすりのようです。

綺麗な顔立ちとすらりとした下肢をお持ちの照焼さんは、何の躊躇いもなく、むしろ、俺の膝から足指に秘めていた魂の叫びを聞いて欲しいと言わんばかりに、エイトビートの貧乏ゆすりを、豪快に刻まれていらっしゃいました。あまりにもエイトビートが露骨だからでしょうか、振動が椅子を伝って、私のお尻の穴にまで直撃してきました。その様は些か異様で、ケーキとコーヒが並ぶテーブルを乱して揺らす程、照焼さんはエイトビートすぎました。

「有り難い事にですね、僕はこれまで、色々なタイプの女性とお付き合いさせて頂きましたが。ふみよさんのような、おおらかで大柄な雰囲気の女性とは、ご縁がありませんでしたので。こうしてお話しさせて頂くと、何だか新鮮な気持ちになりますね(溜め息&鼻息混じり)」
「…私も、照焼さんのように素敵でかっこいい男性と、お話しする機会がありませんでしたので。ご足労頂き、光栄です(おおらかで大柄=デブと言われたと感じて、ガチで凹んでいました)」
「こちらこそ。しかしふみよさんのような雰囲気の方ばかりが、結婚相談所にいると思うと…」
「?」
「色々なタイプの女性に出会いたいじゃないですか」
「お気を悪くさせてしまいましたでしょうか…。大変申し訳ありません。ごめんなさい。あの…次回は、別の雰囲気の女性とお会いできるかと思います。女性の会員は、沢山いらっしゃると伺っておりますし…」
「お恥ずかしながら、今回ふみよさんで5人目の方になるのですが、出会った女性は皆さん、失礼ながら大柄でしたね」
「…」
「アドバイザーの方に、選り好みしない方がいいとアドバイスを受けましたので、そのように致しましたが。出会った女性は皆、身長が随分高い方ばかりでしたね」
「…」
「私も決して身長が低い方ではありませんが、178…いや、180程はありますしね。しかしやはり女性の身長が高いとなると…考えものですね」
「…」
「女性で身長が高いと、色々苦労されること多くありませんか?」

徐々に激しくなるエイトビートを奏でながら、照焼さんは温和な表情で、私の心を厳しく攻めてこられました。

ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

  

0 件のコメント: