2017年2月23日木曜日

変態三割増しかもしれない私。その3。


当然のことだって頭ではわかっていたけれど、今まで実感できていなかった。でも、今ならわかる。生身の殿方の破壊力って、乙女CDよりもずっとヤバいってことが。

谷崎さんから頂いたラインの、「ふみよちゃん」と書かれた一文を思い出しては、脳内の沸点が爆発し、キモいニヤけ顏を炸裂させていた私でしたが、仕事中はもちろん冷静に正常値を保って業務をこなしていました。しかし昼食中、ロマンが暴走しすぎた妄想が捗り食事に集中していなかった所、肉の誘いは絶対に断らない後輩のあけみさんに、「あれ…どうしたんですか?今日はおにぎり三口で食べてるんですね…いつもなら一口で食べてるのに。何かありました?」と、いつもとは違ったおにぎりのペース配分を指摘されました。そして申し訳ないことに、「大丈夫ですか?」と心配されてしまいました。「彼氏ってヤツができると、おにぎりを食べるペースまで乱れるんだな、気をつけないと」と肝に命じた次第です。

「ふみよちゃんも俺もビール好きだから、ビール工場はヤバいと思うんっすよね」
「俺ビール工場とか行ったことないんすけど、あります?試飲もできるらしいっすよ、ヤバいっすね」
「レストランもあるらしくて、利きビールとかできるらしいっすよ!ヤバくないですか?」

谷崎さんの文面からは、ビール工場のヤバさがすごく伝わってきました。もちろん即「ヤバいビール工場に行きたいです」と返信しましたが、送信後に、絵文字もスタンプも装飾も飾り気もない、素っ気ない己の文章を見ると、何だか乙女として失格のような気がしました。いくら可愛げのある文章を考えるのが苦手だからといっても、もう少し文面を練ってから返信すべきだったと反省しました。

「幼い時にビール工場でジンギスカンを食べた思い出がありますが、ビールの味を覚えてからは、一度もビール工場に行ったことがありません。ビールのヤバさとビールへの敬意を再確認するには、ビール工場は絶好の場である思います。ご提案頂きまして、ありがとうございます」

可愛げのある文面を練った結果がこれかよ…。我ながら呆れる思いでしたが、可愛らしいラインを作成するのは、もう少し時間がかかるようです。しかしそんな私に谷崎さんは、「ふみよちゃんに、ビール工場のヤバさが伝わってよかった。一緒に行けるのが楽しみです」と返信くださいました。

なにこれ?ビール工場よりも、谷崎さんのラインの方がヤバくない? 谷崎さんの「一緒に行けるのが楽しみです」の文字は、私を興奮させました。

ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

  

0 件のコメント: