2016年12月31日土曜日

退屈が、私をデブにする。


白衣で大晦日を迎える度、レディーとして社会からあぶれ、はみ出しているスペシャルデブスな私でも、こうして変わらずお仕事をさせて頂き、微力ながらもどなたかのサポートを任せて頂けて、大変光栄ですし、身が引き締まる思いです。本日もこれから仕事ですが、同じく病院で年を越すことに嘆いている患者さん達の気持ちを、少しでも盛り上げてブチ上げスーパーナイトにしたいと思います。

しかし時に、家族と年末年始を過ごせない1年の終わりを、恨めしく思うこともあります。

この時期、幸せファミリーのマダムナースや、新婚ほやほやミセスナースのほとんどが、優先的にホリデー。「とりまリスケしときます」と言いたいのに、肝心の予定すら何もない、独り身上等なロンリーナース達ばかりに、お呼びがかかります。仕事でしかカレンダーを埋められない現実に、思わず虚しくて視界が霞むこともありますが、しかし私の場合、仮にお休みを頂いたとしても、おそらく自宅で除夜の鐘をバックに、卑猥な表情でゲーム機を連打して絶頂を迎える年末になっていたと思いますので、お仕事をすることで人としての尊厳を死守できて安心している次第です。

例年通り毎年アニメイトのドル箱として生きておりますが、今年はアニメイトに加えて、僭越ながら、フェミニン的な要素のドル箱としても、飛躍した1年だったと思います。と言いますのも、有難くも婚活を通して、多くの殿方達とお会いする機会に恵まれたこともありまして、デブ魂にフィットしていたジャージを脱ぎ捨てて、殿方を芯から熱く悩殺する戦闘服を揃えるため、少しでも己の花道を煌めかせる投資させて頂きました。

また今年は、「デブだからサラダを食べ忘れた」ということが、例年より減った1年だったと思います。今後の人生をより充実させたいという思いから、私なりに健康、そして美への探究を心がけ、デブを理由にサラダを蔑ろにすることから卒業致しました。一応野菜は好きですが、生野菜がどうにも苦手でして。何とか生野菜を克服して、レディーとしてフェロモンを常備できるようにと、励んだ年となりました。

肝心の婚活ですが、心が折れて再起不能になりかけたことも多々ありましたが、めげずにリタイアすることなく、活動させて頂いております。常に自信がなくマイナス思考が蔓延している私ですので、ポジティブタイムよりも、もう婚活は潮時なのかなと考える日々の方が多いです。今後の人生を1人で謳歌するために、短い間だったけれど華やかな浮世からは足を洗おうか…と、本気で悩むこともあります。

ただ昨年以上に、こんな私でも多くの殿方にお会いできましたし、男の中に潜む酸いも甘いも痛感できましたし、自身を見つめ直す機会も多々ありました。これも偏に、結婚相談所のスタッフの方々、そしてブログを読んで下さる皆様のおかげです。いつもいつも、このブログに足を運んで下さり、本当にありがとうございます。

どうかご家族、そして大事な方々と、素敵な年末年始をお過ごし下さいませ。皆様、よいお年を。今後共どうぞ、宜しくお願い致します。

ふみよ。

ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

  

0 件のコメント: